テーマ:山登り

塔ノ岳の上の方は涼しかったけど・・・

 暑いときには暑い山へ。  ということで、塔ノ岳に登ったんだけど、標高1000メートル以上は曇っていて、この時期としてはまあまあ涼しいのだった。  だけど、降りてくるとやっぱり暑い。観音茶屋で29℃。思わずビール。もう動くのがイヤになる。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

生藤山は楽しかったけど、花粉症と寝不足で撤退する

 今年の花粉症の症状は例年にないほどひどい。くしゃみ、鼻水、鼻づまりはとにかく、今年は特に眼のかゆみがひどくて困る。  その諸症状を内服薬、点鼻薬、目薬でごまかしごまかしして、ドラキュラ稼業をなんとかこなして帰宅する時には、もーへろへろ・・・倒れるようにお布団にもぐりこんで、点鼻薬をしゅうしゅう。それが効いてきて、鼻が通るよう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

歩いたり、登ったり、焼いたり

3月某日 天気がいい。花粉にめげず、我が横浜郡部から、大桟橋まで約15キロメートルを歩く! つもりが、途中でめげて、岡野公園でビールを飲んでしまい、横浜駅まで約12キロメートルで終了…   3月某日  AくんHさんと鍋割山歩荷登山。Aくん遅刻で途中2分しか会えず。4リッターのペットボトルは重かっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

三浦アルプス & 物見峠

早起きして、JR田浦駅を午前7時半スタート。 午前8時に田浦梅林で朝飯。誰もいません。 梅の花はちらほらと咲き始めている。 大桜の下で休憩。 気温は低いが、日差しは確実に春に近付いている。 仙元山からは葉山の町、そのむこうに相模湾、そのむこうに伊豆、箱根、富士山、丹沢の山々が一望にできて爽快だ。…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

塔ノ岳快晴

 本日はAくんとヤビツ峠から表尾根で塔ノ岳へ。雪はこの季節にはめずらしく、まったく無かった。  それにしても、ぼくとAくんの山行にしては非常にめずらしく、終日快晴無風なのであった。塔ノ岳山頂からは富士山の横に白い屏風のように南アルプスがくっきりと見える。  (あれが甲斐駒で鳳凰三山があって、白根三山に…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

日向薬師バス停~梅の木尾根~弁天御髪尾根~広沢寺入口バス停

新年初登山はしろちゃんと日向薬師から梅の木尾根を登って、大沢分岐から弁天御髪尾根を下り、鐘が岳を経て広沢寺温泉に降りるという、静かな尾根歩きだ。  早起きして、伊勢原駅北口発6時35分のバスに乗ってきたので、夜明け直後の日向薬師バス停上空は、まだ夜の気配が残っていて、月がよく見える。  午前7時、日向薬師バ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋の丹沢主脈日帰り縦走

本日はお日柄がよろしいということで、突然思い立って主脈日帰り縦走を決行する。昨日、同士どもにお誘いラインを送ったが、反応ナシ。なので、単独でこのロングコースを歩きます。  というわけで、午前7時09分、大倉バス停スタートdeath!  まずは、毎度おなじみ大倉階段地獄尾根を延々と登る。朝一のバスの登山者たち…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

百蔵山で焼きそばを作った

 本日は少し朝寝坊して、大月市郊外の百蔵山(ももくらやま・1003m)へ。  市営運動場にミラ号をとめて、直情的な激上りを登ること約二時間、富士山がよく見えるという山頂に到着。富士はアタマがちらっとしか見えませんでした。  本日は真夏のような気温だが、さすがに標高1000メートルともなると、日陰にいる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

八ヶ岳縦走 観音平~赤岳~稲子湯 その6

 今回の山行のマスコット。しろちゃんのお手製である。非常食と熊鈴が入ってます。  午前5時20分スタート。  すぐに400メートルの高度を稼ぐキレットの岩登りとなる。岩に塗られた白ペンキの丸印に従って、両手両足を使ってじわじわと登って行く。前後に昨夜小屋で一緒だった皆さんのパーティーがいるので、浮石を落とさ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏の終わり(とは思えない)塔ノ岳ではビールがうまかった

 今日は曇りがちで少し涼しいとの予報が出ていたので、早起きして塔ノ岳へ。  とはいうものの、このところのくそばか暑さに比べて少し涼しいということであって、やっぱり暑い大倉尾根修行である。ひーひーいいながらたどり着いた花立山荘で氷イチゴを所望しようとしたら、まさかの小屋番不在・・・・  ふてくされて、不良に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

八ヶ岳縦走 観音平~赤岳~稲子湯 その5

 午前4時前に起床。  まだお月さんが煌々と照っております。  今日もいい天気らしい。  赤岳の山の端がだんだん見えてきた。  雲海に夜が明けてきて  朝食は午前4時30分。  キレット小屋の小屋番氏はとっつきにくい印象だが、とても親切で、泊り客のリ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

八ヶ岳縦走 観音平~赤岳~稲子湯 その4

 権現岳頂上からキレット方面に少し下ると、段数61を数える「源治ハシゴ」と呼ばれる長い梯子が待ち構えていて、おてんばだけど慎重派のしろちゃんに眠れぬ夜を過ごさせていた。画像は先行する登山者がこれから梯子を下ろうとしているところ。さあ、しろちゃん、時は来たぜ!  じゃあ、まずはぼくがお先に降ります。梯子を支え…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

八ヶ岳縦走 観音平~赤岳~稲子湯 その3

 さて、青年小屋をあとにして、本日のメインイベントである権現岳の登降である。    ずいずい登って  午前10時7分  稲荷おにぎりで栄養補給death!  ただ、景色もおいなりさんも結構なんだけど、ブヨやらアブやらがぶんぶん飛んでいて、あんまりのんびりできない。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

八ヶ岳縦走 観音平~赤岳~稲子湯 その2

  5時50分  日本周辺を散々うろついていた台風5号が去り、やっと青空がのぞいてきた。朝の涼しいうちにせっせと登って高度を稼ぎたい。  台風一過の森はしっとりとしております。  日本昔話みたいな雲が富士山にかかっている。  鳥たちの鳴き声がしきりだ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

八ヶ岳縦走 観音平~赤岳~稲子湯 その1

 午前1時50分。  しろちゃんドライブのミラジーノ号は深夜のバイパスを爆走する。例によってさっきまでドラキュラ稼業に身をやつしていたぼくは、横で寝ている。      午前 4時50分  気がつけば、中央道小淵沢インター出てすぐのローソンだ。向こうに見える、夜明けを迎えた鳳凰三山が神々しいじゃないか。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ラン 26、27、28、佐島でボート釣り、大室山登山

 6月某日    ドクダミ最盛期のいつものコース。暑くて誰もいない。  自宅 ~ 市民の森 ~ 公園 ~ 自宅 4.79キロメートル 1時間3分30秒  6月某日  今日も晴れて暑い  自宅 ⇔ 公園  5.32キロメートル 1時間35分16秒  6月某日 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ラン 24、25 袖平山登山

 5月某日    ラン 24  自宅 → 市民の森 → 公園 → 自宅 5.39キロメートル 1時間30分3秒  5月某日    ラン 25    自宅 → 市民の森 → 公園 → 自宅 3.76キロメートル 1時間45分32秒  まだ5月なのにずいぶんと暑い。ドクダミがはびこり、クヌギの葉っぱが激…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シンヤくんの新刊、ラン21、霧にむせぶ桧洞丸登山

 5月某日  ぼくの友人のシンヤくんが新刊を出しました。長編サスペンスエンターテインメントです。上下巻各1000円(税込)とお買い得です。皆さん買ってあげてください。それにしても分厚い。読みづらい。4巻に分けてもよかったんじゃない?    5月某日  ラン21  このところ気温が高く、すぐにバテてしまう。(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

このところあれこれ

 4月某日  しろちゃんと丹沢山登山へ。そのしょっぱな、ぼくが小田急渋沢駅から大倉へ乗った神奈川中央交通バスの中にスマートフォンを忘れる。しろちゃんのスマホで神奈中バスの営業所に連絡をしてもらい、大倉尾根を登る。花立山荘に着く頃に着信があり、無事届いたということで、ほっと安心する。下山後ぼくのスマホが保管してあるという、秦野市…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

梅の木尾根から諸戸尾根、栗原遊水地で鮒釣り、ラン18

 桜の花とイチョウの新芽が朝日に映える日向薬師境内。  大山山頂から諸戸尾根を下る。向こうに表尾根。その向こうに富士山。この当たりの芽吹きはまだだった。沢筋にほんの少し残雪があった。                                                          (以上4月1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

渋沢のビール、日比谷のホッピー

ドラキュラ稼業と花粉症のつらさにすっかり体力気力を奪われてしまった私。本日はリハビリ渋沢丘陵歩きである。  春霞みの丹沢の表尾根が眺められるベンチで昼メシ。  ああ、いい気分だなあ・・・・  翌日はなぜか丸の内へ。おしゃれなクラフト市を見学した後に …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

葉山森戸海岸から横須賀長浦港まで 三浦アルプスを歩き三浦半島を横断する 下

 12:06 渋い田浦の町を抜け 12:10 国道16号線を渡り  12:12 田浦郵便局の横から横須賀線の踏切を渡り  12:20 自衛隊横須賀病院の前を通り、渋い倉庫をながめつつ    12:21 横須賀税関支署の前の門が開い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

葉山森戸海岸から横須賀長浦港まで  三浦アルプスを歩き三浦半島を横断する 中

 7:53 三浦アルプスへの第一歩は「木の下」交差点の際から。まずは仙元山へと登り始める。  7:57 急な坂道を上り詰めたところにある葉山教会。本日の礼拝は午前10時30分より。説教は中村健一牧師による「パウロのアラビア滞在」だ。「パウロ」さんって申しますと、あのこのあたりだとニッポン放送で午前5時半ごろ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

葉山森戸海岸から横須賀長浦港まで  三浦アルプスを歩き三浦半島を横断する 上

 6:10 野球息子が逗子まで送ってくれるはずが、野球息子め昨夜の不良活動のせいで爆睡中。殴る蹴るの暴行を加えて起こしてもピクリともしない。(横浜郡部の我が家からは逗子方面は鉄道のアクセスが悪いのだ)仕方なく自らの運転で夜明け前のバイパスをワープする。  6:55 逗子駅そばの駐車場にレジ号を停めて駅前のバ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大山山頂から秦野駅前庄やまで歩いてみた

 気合で早起きして、伊勢原駅北口午前6時35分発日向薬師行きバスに乗り込む。7時前に到着した日向薬師バス停の上空には、まだ夜の気配が残り、お月様が冴えざえとたたずんでいる。 日向薬師の参道を進んでいくと、山の端から朝日が姿を見せる。その光が仁王門の阿吽像を赤く照らす。相変わらずキュートなおへそDEATH!…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

初心者の皆さんと表尾根から塔ノ岳から大倉尾根

 ヤビツ峠バス停 8:25  塔ノ岳  13:25  大倉バス停  17:25  登りが苦手な方がいて、下りが苦手な方もいた。それで、かなりの長時間の山歩きとなってしまった。  これに懲りずに、また来てくださいねっ!                        …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

霧にまかれて丹沢山へ

本日はしろちゃんのリクエストで大倉から丹沢山の往復である。標高差のあるロングルートなので、早起きして午前6時半には小田急渋沢駅の大倉行きバス停に並ぶ。  大倉の登山口から大倉尾根をひたすら登ること3時間、塔ノ岳山頂に到着。今日の天気予報は朝のうちは曇るが、早ければ午前中には晴れてくるというものだった。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

連休の八ヶ岳麦草峠に行ったらクルマがとめられず仕方なく八柱山に登ったら意外と楽しかった その5

雨池の向こうに本日登る予定だった、茶臼山、縞枯山、雨池山(だと思う・・・)が見える。ここで昼メシ。  空はすっかり秋のものだ。  ぼんやりとおにぎりをぱくついていたら、二十数年前の冬に、スイミング仲間だったSさんとこのあたりでクロスカントリースキーをやったことを思い出した。15キロメートルの周回コースの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

連休に八ヶ岳麦草峠に行ったらクルマがとめられず仕方なく八柱山に登ったら意外と楽しかった その4

 八柱山山頂から雨池方面に下っていくと、巨木の鬱蒼とした森となる。ここで本日初めて登山者とすれ違った。  下りきって、森を抜けたところが雨池だ。                                         (つづく)
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more