テーマ:読書

今日の一枚 その36

 図書館で   「北斎 富嶽三十六景の旅 天才絵師が描いた風景を歩く」 (平凡社)   小沢忠彦 「やさしくわかる目の病気」 (ナツメ社)   山内一也 「はしかの脅威と驚異」(岩波書店)   加門七海 「霊能動物館」 (集英社)
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日の一枚 その15

 図書館で  深水黎一郎 「ストラディバリウスを上手に盗む方法」 (河出書房新社)  和氣正沙 「字がうまくなる三分間上達法」 (青春出版社)  大竹昭子 「この写真がすごい 2」 (朝日出版社)  大島直行 「縄文人はなぜ死者を穴に埋めたのか」 (国書刊行会)  谷川俊太郎 「生きる わたしたちの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

図書館で

 近所のタイヤショップにオイル交換へ。作業時間中に近くにある図書館へ。  和氣正沙 「クセ字が美文字に変わる3分間上達法 なぜ「お手本通り」では上達しないのか?」 (青春出版社)  三浦展 「新東京風景論 箱化する都市、衰退する街」 (NHK出版)  石井更幸 「アルビノの話をしよう」 (解放出版社)  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ラン22、23  シンヤくん出版記念パーティー

 5月某日  ラン 22  今日もワンパターンのラン&餌やり。なんの警戒心もなく、こちらの投げる餌(今日はご飯つぶ)にがっついているアブラハヤ達を見ていると、なんだか釣る気が失せる。  自宅 → 市民の森 → 公園 → 自宅 4.20キロメートル 1時間9分45秒      5月某日  ラン 23  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シンヤくんの新刊、ラン21、霧にむせぶ桧洞丸登山

 5月某日  ぼくの友人のシンヤくんが新刊を出しました。長編サスペンスエンターテインメントです。上下巻各1000円(税込)とお買い得です。皆さん買ってあげてください。それにしても分厚い。読みづらい。4巻に分けてもよかったんじゃない?    5月某日  ラン21  このところ気温が高く、すぐにバテてしまう。(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

図書館で ~ 鮒釣り その2 ~ ラン 19

    4月某日        お下がりミラジーノのスタッドレスからノーマルタイヤへの交換を待つ間に図書館へ    岡田崇花 「知識ゼロからのみるみる字がうまくなる本」 (幻冬舎)    大場秀章 「森を読む」 (岩波書店)    宮脇昭 「4千万本の木を植えた男が残す言葉」 (河出書房新社) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

図書館で

 花粉症の症状が軽くなってきたので、山でもいこうかと思っていたら、休日にぴったりと合わせるようにひどい雨。こんな日はおうちで静かに読書&習字DEATH!(すみません、BABYMETALのメイトなもんで、ついこうなっちゃう・・・)   宮脇昭 「いのちの森を生む」 (NHK出版)   渡辺一夫 「地形図の読み方・歩き方…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

図書館で

  マイケル・ブース 「英国一家日本を食べる」 (亜紀書房)   片田珠美 「なぜ、「怒る」のをやめられないのか」 (光文社新書)   菅原信夫 「丹沢山紀行」 (白山書房)   樋口一郎 「湘南鎌倉 山から海へ半日ハイク」 (東京新聞)   鈴木直美 「にんにく&とうがらしの本」 (グラフ社)
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

図書館で

 「日帰り山あるきベスト130 関東周辺」 (JTBパブリッシング)  服部文祥 「百年前の山を旅する」 (東京新聞)  毎日新聞科学環境部 「素顔の山中伸弥」 (ナカニシヤ出版)  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

図書館で

 そろそろかなあ・・・と近所のタイヤショップで、タイヤをノーマルからスタッドレスに交換。作業の間に近くの図書館へ。   内海慶一 「ピクトさんの本」 (ビー・エヌ・エヌ新社)   榎本博明 「中高年がキレる理由」 (平凡社)     中谷正史、筧康明、三原総一朗、南澤孝太 「触楽入門  はじめて世界に触れるときの…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

図書館で

   三上亜希子 「こちら北国、山の中」 (小学館)    渡辺伸 「障害のある子が「親なきあと」にお金で困らない本」 (主婦の友社)    大城和恵 「登山外来へようこそ」 (角川新書)    猪熊隆之 廣田勇介 「山の天気 リスクマネジメント」 (山と渓谷社)  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

図書館で

 いつものタイヤショップにレジ号のタイヤとオイルの交換へ。作業をしてもらっている間に近所の図書館へ。  伊藤亜紗 「目の見えないアスリートの身体論  なぜ視覚なしでプレイできるのか」(潮出版社)    宮本常一著  田村善次郎編 「日本の人生行事  人の一生と通過儀礼」 (八坂書房)  福地享子  築地魚市場…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

図書館で

     遠藤まめた 「先生と親のためのLGBTガイド」 (合同出版)   山野勝 「江戸と東京の坂」 (日本文芸社)   皆川典久 「東京スリバチ地形散歩2」 (洋泉社)   公益財団法人海上保安協会 「海上保安庁のおいしい船飯」 (扶桑社)   菅原信夫 「続丹沢山紀行」 (白山書房)
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

図書館で

     天野一郎 「にっぽんの山上集落を訪ねて」 (白山書房)   河田惠昭 「日本水没」 (朝日新書)   西川照子 「金太郎の母を探ねて」 (講談社選書メチエ)   今尾恵介 「信州観光パノラマ絵図」 (信濃毎日新聞社)   朝比奈なを 「見捨てられた高校生たち 知られざる「教育困難校」の現実…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

図書館で 

 曇天で強烈に蒸し暑い。そんな中、近所のタイヤショップにクルマのオイル交換へ。作業をやってもらっている間に歩いて10分の図書館へ。   きたやまおさむ 「帰れないヨッパライたちへ」 (NHK出版新書)   伊東正一 「黒部の山賊 アルプスの怪」 (山と渓谷社)   下川裕治 阿部俊哉 「アフガニスタン」 (共同…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

図書館で

 香西睦 「だから、そのデザインはダメなんだ。」 (エムディエヌコーポレーション)  猪熊隆之 廣田勇介 「山の天気 リスクマネジメント」 (山と渓谷社)  本川達雄 「人間にとって寿命とはなにか」 (角川新書)  貫井徳郎 「北天の馬たち」 (角川書店)
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

図書館で

 ロジャー・イーカーチ 「失われた夜の歴史」 (インターシフト)  貫井徳郎 「私に似た人」 (朝日新聞出版)  桂望実 「僕とおじさんの朝ごはん」 (中央公論新社)
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

図書館で

    夜来風雨聲 花落知多少・・・  昨夜より季節はずれの生暖かい低気圧が通過中だ。激しい雨はやんで、晴れてはきたが烈風が吹き荒れている中、近所のタイヤショップへ。クルマのオイル交換の間に図書館へ。   相川俊英 「奇跡の村 地方は「人」で再生する」 (集英社新書)   高橋仁 「テーピングで快適登山」 (…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

図書館で

     小泉武夫 「缶詰に愛をこめて」 (朝日新書)   三木義一 「日本の納税者」 (岩波新書)   藤巻一保 「役小角読本」 (原書房)   藤田雅矢 「捨てるな、うまいタネ」 (WAVE出版)
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ラン 27  図書館で  その他

 7月某日  クルマのオイル交換へ近くのいつものタイヤショップへ。ちょうどセールをやっていて、レプソルのお高いオイルをリーズナブルに入れられた。作業を待つ間に図書館へ。    中川雅史 「絵でわかる地図と測量」 (講談社)      小林富雄 「食品ロスの経済学」 (農林統計出版)    両角速 「中長距離・駅…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

図書館で  その他あれこれ

 2月某日  今年の花粉の攻撃は目にかなり来る。痒くて掻き出すととまらない。あんまり掻いていると、目の周りがかさかさになって、更にしわしわのくしゃくしゃになってしまったようになってしまって、怖くて鏡を見られないわ。これは市販薬より眼科を訪ねて医師の処方の下に正しいお薬をいただいた方がよろしいかと、近所の眼科へ。いつもクールなI…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

図書館で

       藤沢周平 「春秋の檻  獄医立花登手控え」 (講談社)    岡寛     NPO法人 線維筋痛症友の会 「線維筋痛症がよくわかる本」 (講談社)    赤石千衣子 「ひとり親家庭」 (岩波新書)    古野隆雄 「農業は脳業である」 (コモンズ)
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

図書館で

  正岡子規・天野祐吉・南伸坊 「笑う子規」 (筑摩書房)   南次郎 「どんどんひゃらら 南能衛と小学唱歌の作曲家たち」 (近代消防社)   高橋敏夫 「藤沢周平という生き方」 (PHP新書)
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

図書館で  ウォーク 2

 まだ風邪の諸症状が残って不快だ。去年の今頃は腰痛でよたよた歩いていた。おじさんは、なかなか体調万全とはいかない。       三宅郁美 「キムチごはん」 (日東書院)    吉田直人、井上美希他 「居酒屋の定番 煮込み」 (柴田書店)      小沢昭一 「俳句武者修行」 (朝日新聞社)    ピーター…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

図書館で

      宮田珠己 「晴れた日は巨大仏を見に」 (白水社)    瀬戸内寂聴 画・横尾忠則 「奇縁まんだら 終わり」 (日本経済新聞出版社)    小泉武夫 「くさいはうまい」 (毎日新聞社)    メアリー・マイシオ 訳・中尾ゆかり 「チェルノブイリの森 事故後20年の自然誌」(NHK出版) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

図書館で

       三浦展 「新東京風景論」 (NHK出版)    濱口桂一郎 「日本の雇用と中高年」 (ちくま新書)    宮本常一 「山の道」 (八坂書房)    樋口一郎 「湘南・三浦半島 山から海へ半日ハイク」 (東京新聞)      平野久美子 「テレサ・テンが見た夢」 (晶文社)
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

図書館で

      馬場直子 「自転車に冷たい国、ニッポン」 (岩波書店)    礫川全次 「戦後ニッポン犯罪史」 (批評社)    香月洋一郎 「景観写真論ノート」 (筑摩書房)    石川直樹 須藤功 赤城耕一 畑中章宏 「宮本常一と写真」 (平凡社)    三木卓 「私の方丈記」 (河出書房新社)
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

図書館で

   赤瀬川原平「香港頭上観察」(小学館)   〃      「新正体不明」(東京書籍) 谷口英喜 「脱水症と経口補水液のすべてがわかる本」 (日本医療企画)   石川英輔 「泉光院江戸旅日記 山伏が見た江戸期庶民のくらし」 (ちくま文芸文庫)
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

図書館で

  堀秀道・中沢新一・奥泉光・中里和人 「石はきれい、石は不思議  津軽・石の旅」 (LIXIL出版)   村上稔 「買い物難民を救え! 移動スーパーとくし丸の挑戦」 (緑風出版)   山と渓谷社編 「いまから始める心拍トレーニングbook」 (山と渓谷社)   野見山暁治 「パリ・キュリィ病院」 (筑摩書…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

図書館で

    椎名誠 「全日本食えば食える図鑑」 (新潮社)   川名大 「俳句に新風が吹くとき」 (文学の森)   食品保存と生活研究会 「食品保存の科学」 (日刊工業新聞社)   蒔田備憲 「難病カルテ 患者たちのいま」 (生活書院)   
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more