テーマ:ビール

渋沢のビール、日比谷のホッピー

ドラキュラ稼業と花粉症のつらさにすっかり体力気力を奪われてしまった私。本日はリハビリ渋沢丘陵歩きである。  春霞みの丹沢の表尾根が眺められるベンチで昼メシ。  ああ、いい気分だなあ・・・・  翌日はなぜか丸の内へ。おしゃれなクラフト市を見学した後に …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

三崎のビール山下町のワイン

 本日は朝からなぜか三浦市三崎へ。海辺で潮風に吹かれ、マグロ三色丼をいただきながら飲むビールはなんともいえませんなあ・・・  夕刻からは、山下町の老舗イタリア料理店で仕事仲間と会食。料理もワインもうまかったけれど、議題が下ネタに終始して、店の雰囲気ぶち壊し。もう出禁だろうなあ・・・あの店。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大山バリエーションスピード登山

 Aくん遅刻。本日は取り付きがわかりづらいので、メンバーばらばらのスタートは危険だ。ゲストのAさんと蓑毛のバス停で30分ほど待つ。    本日は最速トレラン男Aさんがいるので、かなりのハイペースが予測される。(少しぐらいスタートが遅れてもいいや・・・)とバス停のまわりを散策。道路を渡ってすぐにある大日様の枝垂…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ラン 18 その他あれこれ

 5月某日  ラン18  公私ともにお忙しいしろちゃんにお付き合いいただき公園へ。公園を一周したあとに、売店でビールを購入。バーベキュー場の芝の土手でポテチでうぐうぐとやれば、ああしあわせ。    5月某日  ラン19  晴れて暑いので、公園の木陰のクロカン根性坂(約400m)を5往復。ここはバードウォッチャーが多いので…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

丹沢主脈日帰り縦走のつもりが悪天候で丹沢山から宮ケ瀬にエスケープ

 五月の連休恒例である丹沢主脈日帰り縦走だが、今年は天候が悪く、大倉から丹沢山までで取りやめ。丹沢三峰を宮ケ瀬に下った。   大倉 7時40分   観音茶屋  8時04分      駒止茶屋  8時55分  堀山の家  9時11分  …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

大倉~鍋割山~尊仏土ノ平~塔ノ岳~大倉  大したコースじゃないはずなのに幽体離脱するほど疲れました

 7時15分。小田急渋沢駅前の大倉行きバス停前のベンチで朝メシ。きょうはAくんと歩く予定だが、まだ彼は姿を現さない。バスはあと3分で出るんだけどなあ。  7時40分。めでたくAくんと合流できて、大倉へ。まずは西山林道から鍋割山を目指す。このところ天候が不順だ。そんな中の今日の日曜日に、晴れの予報が出ているの…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ネクタイ尾根にぶら下がるネクタイは33本だとAくんは言った

 「たまには長い時間歩いて体をいじめてみましょう」と日向薬師バス停から梅の木尾根~唐沢峠~ネクタイ尾根~北尾根~~大山~ヤビツ峠~蓑毛バス停へと時折日の差す曇り空の下、Aくんと歩いてみた。  日向薬師バス停 (8:45)  日向薬師 (9:00)  淨発願寺奥の院分岐 (10…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

蓑毛バス停 ~ 大山 ~ 日向薬師バス停

 今日は大山バリエーションルート登山第二弾だったんだけど・・・  大山南南西尾根ウルトラ急登・・・  大山山頂小雪寒い・・・・  北尾根道がわからない・・・  石尊沢左岸尾根激下りネクタイだらけ不気味・・・ …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

コンピラ尾根を登って大山へ    

 午前7時過ぎ。小田急秦野駅前には数十人サンタクロースが清掃活動を行っていた。どうもご苦労様です。そしてヤビツ峠行きバス乗り場には、いつものように善男善女登山者の長蛇の列。始発は積み残しを大量に出し、増発便もわれわれAくんとぼくが乗れるかどうか微妙なポジションである。ぼくは例によってドラキュラ稼業明けの寝不足で、超満員バスに40…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

平日の相州大山はすいていた

 今日はしろちゃんのお休みに合わせて、ぼくもお休み。神奈川県知名度ナンバーワンの相州大山(1252m)にアタックだ。先日Aくんがひとりで日曜日に大山に登ったら、登山道はふもとから山頂まで老若男女びっくりするほどの人出だったという。あちこちで渋滞していたという。山頂の女子トイレには、百人ほどの切羽詰った善女が並んでいたという。でも…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

ラン  37

    このところ、立て続けに好天の山に登っている。だけど野暮用が多くて、というかお酒を飲む機会が多くて、なかなか記事をアップできない。全国一千万の拙ブログのファンの皆様、いましばらくお待ちくださいね。(誰も待っていないという声がどこからともなく聞こえ・・・)        自宅 ⇔ 公園   1時間20分
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大倉バス停から焼山登山口バス停まで  秋の丹沢主脈日帰り縦走  

 午前7時過ぎに大倉バス停を出てから6時間余り。  塔ノ岳、丹沢山、不動ノ峰を経てやっと蛭ヶ岳山頂に着いた。もう10月だというのに、本日は台風23号の影響で蒸し暑く、ぼくも同行のA君もすでにへろへろである。目の前にぶらぶらしている蛭ヶ岳山荘の勧誘が魅力的だ。  (ああ、ビール飲みたい。でも、飲んだらここで泊まりになっちゃう・…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

鍋修行 @八ヶ岳本沢温泉 & 天狗岳登山  下

 山から小屋に降りてきて、小屋の美しいおねえさんに600円を支払うと  この風呂に入れます。硫黄岳への登山道の脇にあって、脱衣場も東屋もまわりに何もなし。平日の午前中なのでがらがらだった。  ぬるすぎず熱すぎずいい湯だ。ただ、硫黄岳のふもとにあるだけあって、強烈な硫…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第二回 塔ノ岳の夜と朝  下

 本日の日の出の時刻は4時57分。  立ち込める雲のために、その時刻を過ぎてもご来光は拝めない。  午前5時30分になって、やっとお日様が拝めました。  残念ながら富士山は拝めず。  われわれの今回の目的は大体達成したので、ゆるゆると…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

奥多摩  鋸山から御岳山  下

 奥多摩の山は一目85%といった感じで植林されたスギヒノキが多い。以前しろちゃんと登った青梅の山もほとんどスギで、花粉症患者としては大いに恐怖心を覚えたものだ。それらが鬱蒼としているので展望がきかない。その代わりに直射日光も来ないところが多いので、少し涼しい。  鋸山はノコギリっていうくらいだから、…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ネギ黒毛和牛切り落とししゃぶしゃぶ鍋修行 @塔ノ岳  下

鍋を撤収して、山道を下りながら考えた。 (オレはかりそめにも、つい二週間前には主脈日帰り縦走をするという栄光に包まれた男だ。それが塔の頂上にも立たず、鍋をだらだら食っただけで、おめおめとゲップをしながらおうちに帰っていいのだろうか?いやよくない・・・)  ぼくは大倉尾根を登り返すために敢然と立ち止まった。うしろを歩いていた…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ネギ黒毛和牛切り落とししゃぶしゃぶ鍋修行 @塔ノ岳  中

 まずは手羽先をごま油で炒めて  水を入れて沸いたところで、ダシと塩を投入  そこにネギも投入。これでベースができました。これをそのまま飲んでもおいしいよ。  で、西友で求めた黒毛和牛切り落としをしゃぶしゃぶして、ポン酢でいただきます。湯気でな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヨコハマ朝散歩  横浜駅から山下公園

 今日はしろちゃんと早朝デート。  横浜駅を午前7時30分スタート。東口から構内を出て、箱根駅伝が通る国道を横切り、三井ビルの先を左折。  そのまま直進すると、みなとみらいの臨港パークがあって、階段を登って公園に入っていくと横浜港が見えてくる。  この時間にここにいるのは釣り人とランナーだけ。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

土山峠から大山へ  新緑の丹沢を楽しむ  下

。> 見上げるとこんな感じ。  このルートは丹沢にはめずらしく、植林されたところがあまりない。行き交う人もとても少ない。  「連休中とは思えない静かさですね~」  とМさんは感心することしきりだ。  唐沢峠に午後1時30分着。  これから大山に向かって最後の登りなのだが、ぼくは疲れてしまった…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

鴨鍋修行 @辺室山

 きのうの嵐がウソのよう。きょうは朝からよく晴れた。  大気が澄んでいて、遠くにスカイツリーも見える。  ふかふかの落ち葉を踏みしめて  煤ヶ谷から物見峠を経て2時間半で辺室山の山頂へ。鍋修行のはじまりだ。  …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

晩秋の茅ケ岳へ  中 

 女岩から道の勾配が増し、つづれ折りを息を切らせながら登って行く。  稜線付近の木々はその葉をすべて落としていた。    きのう降ったらしい雪が少し残っていた。  というわけで、午前9時過ぎに山頂に着いた。駐車場から約2時間半。しろちゃん…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

晩秋の茅ヶ岳へ  上

 またしても、夜明け前のバイパスをしろちゃんはミラ号を疾駆させる。  またしても、ぼくは横で寝ている。  中央道を韮崎インターで降り、深田公園駐車場にミラ号をとめる。午前6時。まだ薄暗い。  (なんだか龍みたいな雲だなあ・・・)なんて写真を撮っているうちに明るくな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雨とヒルの経ヶ岳

  半増坊でバスを降りたら、そこは雨だった。  歩き始めたら、そこは山ヒルの王国だった。  あまりのヒルの多さに、足元をつねに気にし、うつむきながら歩くおじさんたち。  それでもヒルちゃんは容赦なく襲って来る。ひえー!足に! …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

大倉尾根

   北岳以来、山とはごぶさたなので、半ば義務感で大倉尾根を塔ノ岳を目指したわれわれであったが、台風接近の蒸し暑さにあえなく花立の下でダウン。さっさと下ることに。    反省懇親会はマジメにやりました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

塔ノ岳の夜と朝  下

 雨と霧の頂上にいてもしょうがないのでさっさと下りたいが、疲れがひどくその気になれない。朝の仕度に忙しい尊仏山荘に頼み込んで休ませてもらう。我々は起きてきた泊り客たちの怪訝そうな視線をあびながら、小屋の隅っこでもそもそカップヌードル(350円)をすすり、こそこそと着替えをした。LEDのあかりがまぶしかった。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

三浦富士登山

 京急津久井浜駅前にミラ号を停めて、カボチャ畑の横を歩いて行く。向こうに見える稜線が、これからアタックする三浦富士、砲台山、武山だ。    みかん畑の防風林の垣根をくぐりぬけて  ちょっと急な階段を登りきると  三浦富士山頂(181m)だ。津久井浜駅…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ねぎ豚鍋修行 @ 大山三峰山 下 

 (あああ、もうくたくた。どこぞ眺めのよいところにテーブルでもしつらえてないものかい・・・)  とぶーぶー毒づきながら下って行くと、本当にお誂えのように、厚木の街の向こうに海まで見えるテーブルがあったので笑ってしまった。やっと鍋修行ができる。    まずは昆布を敷いて、ニンニクスライスを加えてベース…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more